寒い冬で冷えたからだを温め、ほっと癒してくれるゆず湯。ビタミンCを豊富に含み、ビタミンE、クエン酸、そしてリラックス効果のある香り成分「リモネン」が含まれる皮もまるごといただけるのがうれしい!

柚子がたくさん手に入ったら作りましょう!ゆず茶(ゆずジャム)!火を使って加熱することなく、ただ混ぜて待っておけばいいので実は誰でも簡単に作れちゃうのです。

お湯に溶かしてゆず茶、パウンドケーキの生地に混ぜ込んだりヨーグルトにのせるゆずジャムとしても食べられるレシピをご紹介します。

刻んで混ぜて待つだけ!ゆず茶簡単レシピ(作り方)

▼材料
ゆず…3個(好きなだけ)
砂糖…種を除いた柚子の重さと同量
(煮沸した瓶)※完成したものを入れるもの

  1. 耐熱性のある瓶を鍋に沸かしたお湯に入れて煮沸消毒。
  2. 柚子を半分に切り、ボウルにザルをセット。この上からゆずを軽く絞る。
  3. 残った種とヘタを全部取り除き、切りやすいサイズに整えたら後は果肉も内袋も含めすべて刻む
  4. すべて刻んだら、その重さを計り、同量の砂糖を入れて混ぜたら仕込み完了。

簡単 ゆず茶(ゆずジャム) 作り方 画像2
簡単 ゆず茶(ゆずジャム) 作り方 画像3

あとは2~3日待てば出来上がりです。ジャムづくりとなると砂糖をくわえてから煮詰めるのがけっこう時間かかりますが、ゆずの場合はそうしなくても大丈夫。

砂糖を混ぜた後、数分で全体がトロっとしてきます。筆者は作ってから3日後にゆず茶(ティースプーン3杯とお湯150mlくらい)にして飲みましたが、皮の部分も柔らかくおいしくなっていましたよ。

簡単 ゆず茶(ゆずジャム) 作り方 画像4
砂糖の代わりにハチミツを使っても良いかもしれません。ぜひお試しを。